読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私がサラリーマンにならない理由

…時代は常に変化し続けてるから💡

こんばんは!長谷川です。

いきなり、答えを言ってしまいました!笑

すごく大雑把に答えましたが、細かい理由は色々あると思います。

その中の理由の一つでもある、

「大企業=安泰」

という常識。

今日はその内容でいこうと思います👍

昔は大企業に入れば、一生安泰と言われていましたが、今はどうなのでしょうか?

JAL、シャープ、三洋電機パナソニック)、東芝日本IBMソニーJT田辺製薬、アシックス、あいおいニッセイ同和損保、損保ジャパン、KADOKAWA、ニッセン、東京電力日本通運、グリー、シチズン富士通タカラトミー電通日本マクドナルド、大丸松坂屋ブリジストンエーザイ、日立などなど

書ききれませんが、以上の会社は、近年で「大規模リストラ」や「早期退職者」を募った会社になります!

私がお世話になってる会社もありますね…😅

近年では、超大企業が「リストラ」や「早期退職者」を募ることは普通になっています。

2010年に経営破綻したJAL(日本航空)は、18,000人の規模で希望退職を募集しました。

これは、当時の従業員の約3人に1人です!

これからの日本の象徴的な出来事と言われました。

最近では、不正会計の問題が発覚した東芝

10000万人以上です。

実は、2015年3月末時点における日本の企業の売上高トップ50社のうち、

70%もの企業が過去に「早期退職・希望退職」を募集しています。

子会社まで含めれば、その割合はなんと、90%近くにまでなります。

売上高ランキングで日本のトップ50社に入るほどの超大手企業であっても、

残念ながら、ほとんどはすでに「終身雇用ではない企業」なのです。

そして、会社が『黒字』であっても

将来を見据えて不採算事業などを処理するためにリストラを開始しています。

会社が黒字だろうが、赤字だろうが関係なく、貢献度の低い人はリストラ対象になるということなんですね。

今の時代は、景気、業績に関係なく、常時リストラを断行できる時代という訳です。

働き方、生き方、については、個人の自由だと私は思ってますが、

『もしものために準備をしておく』

事に関しては、お勧めします。

私はサラリーマンをしながらでもできるビジネスで独立しました。

もちろんその過程にはありとあらゆる失敗や後悔を重ねてきました。

一生を支える収入が一本だけではなく、複数ある方が安泰であり、安全である時代です。

ただ、様々な情報が世の中にはゴロゴロと転がっています。

今まで多く情報を得て、実際に経験してきた私から、皆さんに伝えられる本当に良い情報を持っています。

少しずつではありますが、提供していきたいと思います。

では、本日はこのへんで。